【コラム】いつまで続ける?この競技

トライアスロンやっている皆さん。
この競技何歳まで続けたいですか?

筆者は会社員なのですが、朝起きてランニングしてから仕事に行って、帰ってきてからまた練習みたいなスケジュールで追い込むこともかなりごくたまにあります。

今でこそ仕事の合間にのらりくらりと続けてきているこの競技ですが、
純粋に今のうちからガチで追い込み続けていたら40、50代くらいで身体壊れるんじゃないかと疑問に思ってました…そもそもローラー台とか気力が持たない気が…

レジェンドの底力に学んでみる

一方でトライアスロンは40〜50代の方でもバリバリ頑張っている方がいるのも事実!
そんな人たちはどんなマインドで競技をやり続けているんだろうか?と思っていたところ、こんな講演会を偶然発見!

「85歳の身体パフォーマンス論 by 世界記録アイアンマン稲田弘 × コーチ山本淳一」
https://makes-design.jp/seminar/20181202-2374

40〜50代をはるかに飛び越えてはおりますがw
その辺は気にせずに何かヒントを得るべく、Iron Willを勝手に代表して行ってきましたw

85歳でアイアンマン完走 稲田弘さん

トライアスロンをやっていたらこのお名前を一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?

稲田弘さん御歳85でアイアンマン・コナを完走しているレジェンドです。普通にありえないw
稲田さんの生きる伝説からいろいろな学びがありました。

IRONMANレース完走のきっかけは失敗

会社を退職後にアクアスロンを開始。あるアクアスロン大会の際にトライアスロン用のバイクで会場に来ていた学生をきっかけにバイクの練習が始まり、トライアスロン人生がスタート、その後79歳で初のアイアンマンコナ大会に出場しました。
しかし初レース当日は、栄養補給のペースが掴めておらずスイム開始前の待ち時間で過剰に栄養を摂取、結果スイム途中でリタイアしてしまったそう…

スイム途中で船で運ばれトランジションでバイクを回収、大勢の観客がいる中、一人バイクを押してホテルに引き返した時の悔しい気持ちが今の頑張りの原動力になってるそうです。

成長の実感

日頃は稲毛インターナショナルスクールで練習をする稲田さん。
朝スイムに始まり昼はバイク、最後にランと三種目を続けて練習していました。

そこでは上田藍選手はじめ多くの若手実力選手とも同じタイミングで練習していたそう。朝スイムが終了後、にはバイク練で一緒に出発し調子がいい時は同じ距離を走っている、すごいw

しかし、どうしてもスピードではついていけず…
最初の頃は若手が最後のランもこなしてお風呂に入り、帰ろうとした時に
稲田さんがバイクで戻ってきていたのが、それが次第にお風呂に入る前、ランが終わる時、ランの途中と、戻ってくるタイミングが早くなっていったと言います。

負けたくないという気持ちも持ちつつ「千切れるのはしゃあないが、とにかく自分のベストを1秒でも更新しよう」という気持ちで耐えていたそう。

自分の感覚に敏感

参加者の一人から心拍はどの程度、バイクの時のワット数はいくつ?といった質問が飛んでいましたが、実は心拍やパワーなどは練習の時だけでなくレースの時もほぼ見ていないのだとか。

会場からは「どうやってペース管理してるの?w」の声、まあそうなる。
練習時のペースが身体に染み込んでいるので、レースの時もその時の感覚を思い出しながらペースメイクしているのだそう。
ガーミンを多用している筆者としてはなかなか抵抗感ありw

競技を続ける秘訣

いくら頑張る稲田さんとはいえ「身体がきつい時には休む勇気も必要。それは年齢に関係なく。」
とにかく身体の感覚に敏感になる気持ちを持つことが大事であると…。

最後に筆者が「身体を健康に保つために気をつけていることはありますか?」と質問したら、「よく食える胃腸を持ち続けること」とのありがたいお言葉を頂きました。
「食べられてなかったらこの歳まで続けてられないよね」と言っておられましたw

結論、この競技を長く続けるためには「まずは自分のやれる範囲でベストを尽くすこと、そして食える身体の醸成」ということになりましたw

会社勤め、育児、家庭などなど千差万別の環境で頑張る仲間が集うTeam Iron Willですが、朝ランをやったり午前練をやったり、最近では勤務後練が開催されたりと互いに環境と競技の両立は励まし会いつつ切磋琢磨できるチームスタイルになっているかなと思っています!
皆でこの素晴らしき競技を長く続けていけるチームになれたらいいですね!

最後までお読み頂き有難う御座いました!

公演詳細は以下リンク
https://wellbeing-lab.jp/koto/inada01
https://wellbeing-lab.jp/koto/inada02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です