【レースレポート】IRONMAN NEW ZEALAND ①概要編

ブログには久し振りの登場になります戸田です。
最近はすっかり大会どころではありませんが、
3月上旬のIRONMAN NEW ZEALANDに出場&完走してきました!

ロング初挑戦にして、上位3割に入る11時間台での結果を残せたので、お伝えできることは少なからずあるかと思います。
すっかり更新をサボっておりましたが、詳細なレポートを連載しようと思います。
(過去のレポートも追ってアップしたい、そんな気持ちだけはあります)

ちなみに、IMNZ、めっちゃオススメです。

目次

  1. 概要編 旅のしおり
  2. 決意編 なぜ2020IMNZなのか
  3. 準備編 不安→準備→自信→覚悟
  4. 現地編 交通事情からレストラン、スーパーまで
  5. スイム編 最高に綺麗だったタウポ湖
  6. バイク編 180kmノンストップ無心のライド
  7. ラン編 序盤の大失速からフィニッシュへの巻き返し
  8. 後日編 IRONMANになった自分が思うこと

旅のしおり

大会概要

IMNZは世界でハワイの次に長い歴史を持ち、2020年で36回目となるIRONMAN。
会場はNZ最大の都市Aucklandから250kmほど離れた長閑な湖の街Taupo。
このムービーを見れば、IMNZの雰囲気、良さが伝わると思います。

IRONMAN公式HPで下記のように区分されていますが、ランのフラットは嘘でした(笑)
また、内陸の街なので、朝は吐く息が白くなるほど寒く、乾燥しているものの昼は強い紫外線もあり暑く、夜はまた冷えるという気候。

IMNZのおすすめポイント

  • 3月開催
  • 日本が冬の間、みっちりバイク・ランの練習を積めます。

  • スイムが湖
  • 波が立たず、水質もとても綺麗。スイムが不安な人でも泳ぎやすい。

  • 湿度が低い
  • ジメジメ感がないので、心地よい気候です。

  • 時差が少ない
  • 現地はサマータイムで4時間マイナス。時差ぼけの心配ありません。

  • とにかく大自然を感じられる

IMNZのおすすめできないポイント

  • 紫外線が強い
  • 朝晩は冷える一方、昼間は陽が出ればそれなりに暑い。

  • 空港から遠い
  • 日本から直行便があるオークランドから車で4時間くらいかかります。

  • 費用が若干高め
  • 往復航空券、現地の外食はアジア近辺より高額になります。

  • 田舎町なので都会やリゾート的な華やかさはない

行程

今回はチームメイトの内田さんご一家と参戦しました!

3/4(水) 夜の便で成田→オークランド
3/5(木) レンタカーでオークランド→タウポ
3/6(金) 選手受付、試泳・試走、準備
3/7(土) IMNZ
3/8(日) タウポ→オークランド、内田家と現地解散
3/9(月) オークランド観光
3/10(火) 昼便でオークランド→成田

4日半有給をとりました、会社に感謝です。

準備しておくもの

  • 旅券&国際免許証
  • 現地でのTaupoへの移動の選択肢は、国内線もありますが、レンタカーかバスが一般的。
    NZの交通は日本と同じ右ハンドル左車線。
    日本で普通に運転できる方は絶対にレンタカーがオススメです!
    ※バスだと途中で休憩や寄り道ができなかったり、聞いた話だと飲食できないバスもあったそうです。

  • NZeTA(必須)
  • 2019年10月からニュージーランド入国には事前にNew Zealand Electronic Travel Authorityへの申請が必要になりました。
    この電子渡航承認(&観光保護税の支払い)はウェブで15分もあればできるので、渡航日まで余裕あるうちに申し込みを!
    レートにもよりますが3,000円くらいでした。

  • 航空券
  • 日本からニュージーランドへの直行便はAir New Zealandのみ。
    定期的に公式HPにてセールをやっているので、大会にエントリーしたら、次のセールで買っちゃうのがオススメ。

  • 宿
  • 大きな街ではないTaupo。
    bookingとかairbnbとかで調べれば会場近くにも出てくるので、早めに抑えるのが良いかと思います。

持ち物

今回の自分用の持ち物リスト。

<レース用具>

  • トライウェア
  • ゼッケンベルト(現地で安全ピンは配られません!)
  • カーフガード
  • ワセリン
  • サンダル
  • 補給食
  • GPSウォッチ

<スイム用具>

  • ゴーグル
  • ウェットスーツ
  • スイムキャップ
  • セームタオル

<バイク用具>

  • 輸送用シーコン
  • バイク
  • バイクシューズ
  • バイクソックス
  • 使い捨てボトル2本
  • ヘルメット
  • アームカバー
  • バイクグローブ
  • 空気入れ
  • サドルバッグ(内容がラベルに記載されているCO2ボンベ)
  • ※瞬間パンク修理剤(クイックショット)は空港の手荷物検査に引っ掛かり持って行けませんでした。

  • 予備チューブ、タイヤレバー
  • ベスト
  • アーレンキーセット
  • スプロケ外し(ディスクローター着脱用)

<ラン用具>

  • サングラス
  • ランニングシューズ
  • ランニングソックス
  • ランニングキャップ(日差し強いのでオススメ)

<旅行用具>

  • 財布(全てクレジット決済でき、現金不要でした)
  • パスポート
  • 国際免許証・国内免許証
  • 着替え一式
  • 練習用Tシャツ・ランパン
  • 日焼け止め(紫外線が強いので必須)
  • 歯磨き・洗面セット
  • コンタクトレンズ、洗浄液
  • カメラ
  • モバイルWi-Fiルーター(NZのプリペイドSIMは料金高め)
  • 各種充電器・変換プラグ(O型)
  • 筆記具
  • クリアファイル(色々と書類まとめるのに)

<食べ物>

  • レンチンするだけのご飯
  • インスタント味噌汁
  • ゆかりふりかけ
  • カップ蕎麦・うどん(持って行くの忘れた)
  • レース当日朝は米を、レース後は出汁が効いたものを欲する日本人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です