【チームブリック練】ビンディングデビューは彩湖で決まり!

春が短くなったよね、とよく言われる昨今。
汗ばむ陽気のなか、彩湖でチーム練習に勤しみました!

今回はメンバー5名。
うじの、戸田、岩間選手は、土手バイクインターバル30km→ブリックラン1周約4km。
めぐみさん、わたしはスキル練習の2グループ編成でトレーニングを積みました。

ビンディングペダルでスピードアップ

今回のトピックは、メンバー2名がついにビンディングペダルを導入したこと。
彩湖のようなフラットandワイドなコースは、ビンディングに慣れる環境としてはベスト。

ビンディングペダルを使うに辺り、特に以下の2点を意識してもらうようアドバイスしました。

脚を上げる!

ビンディングを使うと、ペダルがくっついてくる分だけ脚を持ち上げる動作が意識しやすくなります。
いわゆる引き足というやつですが、ポイントは太ももを高く上げること。
太もも付け根が下腹にくっつくような意識でアゲてみましょう。
太ももがしっかり上がる→より高い位置から脚を踏み降ろせる→ペダリングに勢いがつく!
慣れれば力むことなく、脚の重みだけでラクにスピードを出せるようになります。

手は添えるだけ!

ビンディングのさらなるメリット、足が固定されることでペダルの踏み外しが無くなります。
結果として回転数が上がっても上体がブレにくくなるのですが、、ハンドルを握ってバランスを取ろうとするのはNG。
あくまでハンドルは手を置いておくだけにして、腹筋で上下する脚を安定させましょう。
ハンドルに荷重しない→自然とペダルへの荷重が増す→ペダルに力が伝わる!


余裕のピース。ハンドル荷重になっていない証拠!

こんな感じで、バイク歴の浅いメンバーも着々とスキルアップしております。
「バイクってちゃんと乗れてるのかイマイチわからない。。」
「だんだんお尻が痛くなってくる。。」
そんなお悩みに応えていけたらこれ幸いです。


ブリックランをキロ4分前半でこなすツワモノたち。。みんな普通に速いです。
そしてランシューズを持参しなかった一名は涼しい顔。

ムービー公開中!

今回の練習風景を、ムービーに収めてInstagramにアップしてみました!

活動を日々ブログで発信しているIron Willですが、ムービーだと空気感が伝わりやすいですね。

引き続き、本ブログ+SNSでの情報発信をお楽しみに!

おまけ:練習前の小ネタ

集合地点でいそいそとバイクを準備する皆様。
そんな最中、立ち上がった戸田選手の頭がウッカリ看板にヒット!!


ふと見ると、、看板には「戸田駐車場」の文字。
何かツイてる気がするのは私だけ!?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です